サクソルンバス(フレンチテューバ) 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2017年07月31日

BSX29001 サクソルンバス COURTOIS 164

 01.jpg  02.jpg

 フランスの吹奏楽の中で、ユーフォニアムのような役割をするサクソルンバス。アドルフ・サックスが開発したサクソルンの中で唯一、現在も名称に用いられている楽器でもあります。フランスのスコアでは「Basse」と記されますので、時々この譜面がテューバパートに回されてしまい、そのままテューバで吹くという暴挙を見ることもあります(笑)。

 ともあれ、フランスでは老舗メーカー、コルトワ製のサクソルンバス。本場のプロ奏者は5本ピストンの楽器を使ってきましたが、普通の運指で吹ける4本ピストンの楽器もこのようにありまして、使われていました。

 『ディオニソスの祭』や『序曲リシルド』『フランス組曲』など、フランスの吹奏楽曲にはもちろんなのですが、『アルルの女』『ダフニスとクロエ』『海』『寄港地』など、フランスのクラシック音楽からの編曲でも実にしっくりきます。また、サンサーンスの交響曲やメシアンの楽曲にもサクソルンバスのパートがありますのでオーケストラでも使用できますし、ユーフォニアムよりも音が立ちますのでアンサンブルなどにもいい感じで使えます。

 フランス人の楽器の扱いはお世辞にも良いとは言えないため、状態の良い中古が入りませんが、今回なかなかのものが入りました。是非活用なさってください。
 
※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ スルガ銀行「楽器購入ローン」がご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  198,000円
(定価 時価)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 23:51| サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

BSX27001 サクソルンバス F.BESSON

01.jpg

※ 演奏可否:普通に演奏出来ます

本家パリのベッソン工場で製造された4ヴァルヴ・サクソルンバスです。レストアされて綺麗な銀メッキ仕上げにしたものです。惜しむらくは、ベルのあて板(画像参照)で、他は大変綺麗です。すぐに売れてしまうと思われますので、お見逃しなく。

詳しくは、凡春堂のページをご覧下さい。
http://euphonion.seesaa.net/article/428323710.html

なお、このモデルは、戦前の日管でコピーされ、海軍軍楽隊で使用されていたことが確認されています。歴史的に大変貴重なモデルです。

日本管樂器製造株式会社 - ユーフォニオン(海軍)皇紀2604年(1944)
http://historical-euphonium.seesaa.net/article/125092804.html

お取次特別価格  120,000円
(定価 時価)


※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ 分割払いにはスルガ銀行「楽器購入ローン」がご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。
 
※ お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角に打ち直して下さい。コピー&ペーストでは送信できません。)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 03:29 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BSX27002 サクソルンバス メーカー不明

01.jpg

※ 演奏可否:演奏出来なくはありませんが、骨董向きです

メーカー不明のサクソルンバスです。アドルフ・サックス自身のサクソルンバスと同じような管の巻き方をしている、貴重なモデルです。

ヴァルヴケーシングと枝管の継ぎ目に修理用のハンダ(パテ?)がどっさり盛ってあるなど、かなり大ざっぱな修理がしてあります。音は出ますが、演奏するには色々手を入れる必要があるかと思います。

詳しくは、凡春堂のページをご覧下さい。
http://euphonion.seesaa.net/article/428324614.html

お取次特別価格  45,000円
(定価 時価)


※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。
 
※ お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角に打ち直して下さい。コピー&ペーストでは送信できません。)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 03:22 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

SX26001 フレンチテューバ(サクソルンバス) C管6ピストン COUESNON Monopole

※ 委託販売品

 0009.jpg

 フランスのオーケストラで、1970年代頃までテューバとして使われていた、フレンチテューバです。サクソルンバスを6本ピストンのC管にしたもの(つまりユーフォニアムの一音上)で、ラヴェル編の「展覧会の絵」や、ストラヴィンスキーの「春の祭典」「ペトルーシュカの」などのテューバのソロが高音域ばかりなのは、この楽器が想定されていたからだと考えられます。

 第3ヴァルヴの枝管は、他の楽器よりも半音低く作られています。このモデルもそうですが、繋ぎの管を抜き去ることにより、通常の管の長さで演奏することも可能です。第4ヴァルヴで実音G、第6ヴァルヴでFが出ます。第5ヴァルヴは、半音下がります。ケノンのカタログによれば、これは半音下のH管に転調するヴァルヴで、シャープの多い曲の運指が楽になるとのことです。

 参考DVD(フレンチテューバが使用されている演奏です)
http://www.euphstudy.com/tsurszure/frenchtuba/frenchtuba02.html

 現役プロ奏者の方からのご依頼です。二番管に凹みがありますが、この部分であれば響きには大きな影響はなさそうです。他、ラッカーのハガレは部分的にありますが、これまで当方が販売してきたフレンチテューバの中では、最も状態がよく、組み立ての仕上りも大変よいです。小さいボディに長い管が実に巧みにレイアウトされていて、飴色になったラッカーの色と相まって、眺めているだけでも感動ものです。

 フランスもののオーケストラ作品だけではなく、金管アンサンブルや、「Tuba」の指定があるフランスのソロ曲にも活用できることと思います。是非この楽器の音色を実感して頂きたいと思い、ユーフォニアムの中古程度の価格でご提供です! 現在は製造されていない、大変珍しい逸品、お見逃しなく。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

お取次特別価格  468,000円
(参考価格 1985年当時のコルトワ製 1,240,000円)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 02:26 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

SX26002 サクソルンバス B♭管 COUESNON Monopole No.08

※ 商談中(ですがお問合せ歓迎!)
※ 委託販売品

 01.jpg
 
 フランスの吹奏楽で使われているサクソルンバス。ギャルド・レ・ピュブリケーヌ楽団の来日などで、サクソルンバスが使われているのをご覧になった方もいらっしゃることと思います。現在はユーフォニアムとほぼ同じ役割を担っていますが、ユーフォニアムよりもややはっきりとした音色で、テューバともとても相性がよい楽器です。日本ではかつて「小バス」と言われていた楽器です。

 フランスのプロフェッショナル奏者は、5本ピストンや新しいコンペンセイティングのモデルを使っていますが、運指や日本での実用性を考えますと、コンペのない4本ピストンで十分だと思います。実際、このケノンの最高ランクであるモノポールモデルは、アメリカにも輸出され、ゴールドマンバンドでも使われたことがあります。運指はユーフォニアムと同じです。

 吹奏楽で「ディオニソスの祭」や「寄港地」などのフランス編成の曲をやったりする場合には、かなりしっくり来ます。また、オーケストラにて、ラヴェル編「展覧会の絵」や「幻想交響曲」のテューバを演奏する際にも、フレンチテューバに近い響きを出すことが出来ます。ユーフォニアムだと音がこもって違和感を出しやすいアンサンブルなどにも活用できるかと思います。

 依頼者様のご厚意でお安く提供致します。どうぞ活用なさって下さい。
 
※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ 「Orico Webクレジット」による分割払いもご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

※ スルガ銀行「楽器購入ローン」がご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  88,000円
(定価 時価)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 07:16 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

SX25002 サクソルンバス(フレンチテューバ) COURTOIS

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

  01.jpg

 コルトワ製のフレンチテューバです。フレンチテューバというのは、主に英語圏や日本での呼び方で、本国フランスでは、Saxhorn Basse en Ut 6 pistons(C管サクソルンバス 6ピストン)などと呼ばれ、サクソルンバスの一種という括りです。フランスの楽曲で「Tuba」とある場合は、この楽器が想定されていることが多く、1970年代頃まで使われていました。

 今回のこのモデルは、大変珍しいことに、B管のサクソルンバスと同じ大きさです。通常はB管よりも小ぶりですが、管の巻きが工夫されていて、B管と同じゆったりとしたレイアウトになっています。このため、構えやすく、また音の抜けも良くなっているように感じます。恐らくは、かなり新しい時代のモデルかと思います。

 当方では、このような稀少な楽器のお取次もしております。当方独自のルートで、フレンチテューバの他にも、オフィクレイドセルパンなどを見つけることが出来るので、是非販売したいところなのですが、一般的な中古楽器ではないので、なかなかすぐに買い付けることが出来ず、世界各地の他の業者に渡ってしまったことが何度もありました。

 もし、こうした楽器をお探しの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談下さい。大体の相場価格をお知らせし、時間をかけてお探し致します。そして、見つけたらすぐにご紹介致します。画像等でご確認いただいた上で、ご購入いただける場合には、すぐに買い付けを入れ、お取寄せ致します。

 フレンチテューバ、オフィクレイド、セルパンなどは世界中のバイヤーが虎視眈々と狙っていますので、スピードが勝負になります。決済は、現金振込の他、クレジットカードもご利用になれますので、急に見つかった場合でも安心かと思います。

 今回のこのフレンチテューバも、お客様の要望でお探しした一台です。従って既に売れておりますが、ご参考のために掲載致します。

お取次特別価格  お問合せ下さい
(販売当時の定価 1,240,000円)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 14:02 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

SX25001 サクソルンバス(フレンチテューバ) COUESNON MONOPOLE CONSERVATOIRES

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

  01.jpg  14.jpg

 大変レアな、フレンチテューバのご紹介です。1970年代頃まで、フランスのオーケストラで使われていたテューバです。これまで何度かお取次する機会がありましたが、いずれもサクソルン型の管体でした。今回ご紹介するのは、なんとユーフォニアム型の管体です。どういうわけかフランスのオーケストラの映像資料を見ますと、このユーフォニアム型ばかりが使われています。これまでなかなか中古を発見できませんでしたが、ようやく見つけました。

 ユーフォニアムより一音高いC管です。第3ヴァルヴは通常の金管楽器より半音低く設定(二音下がる)されていますが、アダプターを外すことにより、通常の一半音下げるようにもできます。第4ヴァルヴでソ(実音G)、第6ヴァルヴでファ(実音F)が出ます。第5ヴァルヴは半音下がるようになっています。ケノンのカタログによれば、シャープの多い曲を演奏する際に、半音下げたH管にしての演奏が可能だとのことです。これら6本のヴァルヴを駆使して、コントラバステューバからテノールテューバまでの音域を奏でる楽器です。

 メッキの剥げやあちこちに修理痕があるものの、ピストンの気密性が驚く程よく、楽器としてまだまだ使えそうです。この貴重な一台を、なんとユーフォニアムの中古並みのお値段でご奉仕致します。

 ピリオド楽器やローカル楽器での演奏が、プロの世界でもアマテュアの世界でも盛んになってきています。ラヴェル編の「展覧会の絵」や、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」「春の祭典」、ベルリオーズの「幻想交響曲」など、フランスのオーケストラ作品のテューバ(オフィクレイド)パートを演奏する際に、是非お試し下さい。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  398,000円
(参考価格 1985年当時のコルトワ製 1,240,000円)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 06:34 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

SX23001 サクソルンバス(フレンチテューバ) COUESNON MONOPOLE CONSERVATOIRES

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

  01.jpg  02.jpg

 フランスの老舗楽器メーカー、ケノン製のサクソルンバス、最高級モデルの称号「MONOPOLE CONSERVATOIRES」です。6本のピストンを装備したC管のモデルで、フランスではオーケストラのテューバとして使われました。そのため、日本を含めた諸外国では、フレンチテューバとも呼ばれています。もちろん現在は製造されていません。大変貴重な中古です。

 ユーフォニアムより一音高い調性と、6本のビストンによる長い管を装備することにより、広い音域を網羅しています。長い管による低音域は、バストロンボーンのような硬質の響となり、高音域はユーフォニアムよりもきらびやかな繊細な響きとなります。

 ストラヴィンスキー、ラヴェル、プーランクが、テューバのパートに高音域を求めたのも、こうした楽器が使われてきたからです。特にムソルグスキー作曲ラヴェル編の組曲「展覧会の絵」の「ビドロ」のソロは、現在はユーフォニアムやF管のテューバで演奏されますが、元々はこの楽器で演奏されることが想定されていたと考えて良いでしょう。

 シリアルナンバーからすると、1970年前後に製造されたようです。ピストンの動きも良く、鳴りも中々です。当方の提携工房で調整、フェルト交換等をしていますので、すぐに使えます。

 第3ヴァルヴの枝管は、他の楽器よりも半音低く作られています。このモデルもそうですが、繋ぎの管を抜き去ることにより、通常の管の長さで演奏することも可能です。口径のやや大きい(ただし深すぎない)マウスピースを使ってみましたら、ピッチのバランスが良かったです(コルトワのT3が最適です)。

 フランスもののオーケストラ作品だけではなく、金管アンサンブルや、「Tuba」の指定があるフランスのソロ曲で活用できることと思います。是非この楽器の音色を実感して頂きたいと思い、ユーフォニアムの中古程度の価格でご提供です! 貴重な一台を、是非お手元に。

 参考DVD(フレンチテューバが使用されている演奏です)
http://www.euphstudy.com/tsurszure/frenchtuba/frenchtuba02.html

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

お取次特別価格 368,000円
(参考価格:1985年当時のコルトワ製 1,240,000円)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 06:02 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

SX22001 サクソルンバス Hirsbrunner

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)
※ 委託販売品です

  01.jpg  

 大変珍しい、スイスのヒルスブルナー製サクソルンバスです。ヒルスがなぜサクソルンバスを?と思われる方もいらっしゃるでしょう。これは、スイスという土地柄、吹奏楽もドイツ式、フランス・イタリア式、そしてブリティッシュ式と様々なので、恐らくはそれらのプレーヤーからの要請で、それぞれのスタイルの楽器を製造したと考えられます。当方でもこれまでに、通常のユーフォニアムだけではなく、卵形のドイツ式バリトンやテノールホルンもお取次したことがありました。

 30〜40年ぐらい前の楽器と思われますので、それなりに使用感があります。コレクターズアイテムとしてお持ちいただくのもよいと思いますし、ユーフォニアムよりも輪郭のはっきりとした音色を活かしてアンサンブルなどに使ってみるのも面白いかと思います。また、3ヴァルヴで、とても軽量なので、屋外で演奏するときなどに、一本持っておくのもよいかもしれません。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込下さい。

お取次価格 74,800円
(定価 日本未発売につき時価)

 
この楽器の詳細を見る
posted by PROJECT EUPHONIUM at 19:22 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

AMUSE サクソルンバス AMSX001

※ 完売御礼!(再入荷予定はありません)

  01.jpg

「遊び心をくすぐり、低価格で楽しく使える」当方のオリジナルブランド、AMUSE のサクソルンバスです。

 サクソルンバスは、ユーフォニアムに相当するフランスの楽器です。ユーフォニアムよりやや固めの音質で、力強い響きがします。特にテューバとのオクターヴの動きなどはユーフォニアムと比べてクリアーになりますので、アンサンブルなどにも向いているのではないかと思います。

 従来は第3ヴァルヴがユーフォニアムよりも半音低く、運指がわかり難かったのですが、最近ではユーフォニアムのようなコンペンセイティング方式を採用する動きもあります。今回ご紹介のモデルも、コンペンセイティングを採用していますので、ユーフォニアムと同じ運指で演奏できます。そして、音程補正の強い味方、メインテューニングスライドにトリガーが装備されています。

 また、各パーツがネジ止めされていますので、極力ハンダを外すことなく、修理や調整が可能になりました。

 学校や一般の吹奏楽団、アンサンブルなどにもそこそこ使える楽器かと思います。合同演奏のときなど、目立つこと間違いありません。

 02.jpg  03.jpg
 05.jpg  06.jpg

【スペック】

 4ヴァルヴ・コンペンセイティング
 メイン・テューニングスライドトリガー装備
 サテンシルバー仕上げ
 ミディアムシャンクマウスパイプレシーバー
(中細シャンクのマウスピースが使用できます)

【付属品】
 ハードケース、マウスピース

【製造国】
 中華人民共和国

【ご注文の際は、以下の点をご了承下さい】

※ デリケートなサテンシルバー仕上げですので、新品とは言え、部分的に変色していたり、微細な傷が見られる場合があります。

※ 不具合箇所は、当方で調整してから出荷いたしますが、ある程度自分で調整できる方向けです。

※ 中国製ですので、やや造りや加工が甘い場合があります。あまりシビアな場面には向かないかもしれません。

※ 入荷ロットによって、予告なくパーツや仕様、付属品の形状などが異なる場合があります。

※ こちらの商品は、プロトタイプになります。現在国内で調整をしておりますので、若干の痕が残る可能性があります。調整後の画像は追って掲載いたします。プロトタイプが売れますと、ご予約の上で受注生産となります。納期等は、お問合せ下さい。

お取次価格 148,000円

 
※お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角で)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 16:04 | TrackBack(0) | サクソルンバス(フレンチテューバ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする