お知らせ 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2013年10月05日

Music of China 2013

 01.jpg cake.jpg

来る10/10より10/14まで、中国上海で開催される「Music of China 2013」に出張のため、臨時休業いたします。

つきましては、

 電話対応 → 10/10〜10/14は不通。
 メール対応 → 可。但し遅くなるか、10/15以降になります。
 入金確認 → 10/10以降は10/15より対応。
 試奏対応 → 10/10〜10/14は不可

とさせていただきます。

中国国内だけでなく、ヨーロッパからも多くの企業が出展します(主催は Frankfurt Musikmesse と同じです)。取引先各所との商談、新モデルや取引先の開拓など、今年もいろいろ収穫して参ります!

 compeeuph01.jpg
 
どうぞよろしくお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 13:48 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

価格改定

当方では、出来る限りお安くご提供するため、為替相場に合わせて、随時価格の変更を行っております。円安がなおも進んでいるため、10月1日よりイギリス、ヨーロッパの新品楽器(スターリングや、JPスターリング、アダムス、チェルヴェニー)の価格を改定(値上となります)します。

お申し込み時の価格から変更されることはありませんので、9月中にお申し込み(要お支払)頂くとお得です。特にポンドは、ユーロや米ドルに比べて上げ幅が大きいので、スターリングや、JPスターリングをご検討中の方は、取り急ぎのお申し込みをお勧めいたします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 02:09 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

臨時休業

 来る9/8より9/10まで、臨時休業いたします。

 つきましては、

 電話対応 → 9/8〜9/10は不通。
 メール対応 → 可。但し遅くなるか、9/11以降になります。
 入金確認 → 9/11以降に対応。
 試奏対応 → 9/8〜9/10は不可

とさせていただきます。
 
 どうぞよろしくお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 00:45 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

Uターン買取・委託販売大歓迎!

買取・委託販売、随時ご相談に乗っております。景気回復の兆しか、当方にもお問合せがかなり増えてきまして、このところ入荷した分については即日完売に近い状態になっています。この波を逃さないよう、ご不要になりました楽器がありましたら、取り急ぎご相談下さい。

勿論、当方で購入された楽器についても、喜んで買取・委託販売承ります。買ったところにお願いするのは申し訳ない… などとご心配される必要はまったくありません! 当方としても、その楽器がまた別の方を幸せにするわけですから、喜んでご協力させていただきます。

Uターン買取・委託販売、大歓迎です!

◇ 買取・委託販売の違い

どちらも金額を査定いたしまして、買取は文字通りこちらで現金買い取りいたします。委託販売は、こちらで楽器をお預かりして、サイトに掲載、売れてから手数料を差し引いてお支払い致します。

買取相場は、人気機種で状態が良ければ定価の1/4程度が多いですが、ケースバイケースです。例えば、そのモデルをたまたま探しておられるお客様がいらっしゃる場合は、査定額も上がる場合があります。

委託販売は、中古相場(定価の半額ぐらい)で販売するケースが多いです。状態がよい人気機種だったりすれば、もっと強気で販売できる場合もあります。この辺はご相談に乗ります。手数料は、他店が大体30%のようですが、当方は20%です! 

例)

他店 400,000円で販売 − 手数料30% = 手取280,000円
当方 400,000円で販売 − 手数料20% = 手取320,000円

この場合、なんと他店より40,000円もお得です。

手取りが多いのは委託販売です。お急ぎでなければ委託販売、すぐに現金にしたい場合は買取をお勧めします。

※ 手数料がとんでもなく安い(10%前後!)代わりに、オークションに出品する業者もあるそうです。しかし、最近のオークションは値段がなかなか上がりませんので、人気機種なのに買取相場より安くなってしまうケースもあるそうです。ご用心を。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 04:46 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

JP STERLING お取次開始しました

 イギリスのジョン・バッカー 社が、スターリング社の技術協力で立ち上げた新ブランド JP STERLING。設計、最終調整をスターリングで、パーツ製造を中国(AMUSEと同じ工場です)で行うことにより、本場のブリティッシュのサウンドはそのままに、低価格を実現しました。

 管体は、いずれもハイクオリティーの 80:20 ゴールドブラス製です。セミハードケース、マウスピース付属です。

※ ジョン・パッカー社では、「JP(John Packer)」というブランドも手がけていますが、「JP STERLING」とは品質の異なる中国製廉価モデルですので、お間違えのないようご注意下さい。

 tenor03.jpg
 JP372 Eb Tenor Horn(試奏できます!)

 01.jpg
 JP373 Baritone(試奏できます!)

 euphonium02.jpg
 JP374 Euphonium(試奏できます!)

 eb_bass.jpg
 JP377 Eb Bass

 bb_bass03.jpg
 JP378 Bb Bass

※ 各モデルの詳細、価格については、こちらをご覧下さい。
PROJECT EUPHONIUM
http://www.euphonium.biz/#!jp-sterling/c169a
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 05:42 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

フランクフルト・ムジークメッセ2013

 471148_392156364142418_1713838699_o.jpg

4/10から13にかけて、ドイツのフランクフルトでムジークメッセが開催されます。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国の音楽産業の総合展示会です。金管楽器も巨大な1フロアに展示され、その規模は世界最大です。

PROJECT EUPHONIUM では、昨年も現地に赴き、ADAMS、Cerveny、Sterling など、日本では販売されていなかったブランドのユーフォニアムのお取次を開始することができました。また、まだお取次はしていないものの、Inderbinen や KANSTUL、XO、Willson の新モデルなど、多くの素晴らしいユーフォニアムを試奏することができ、これらの情報をご提供できるようになりました。

本年も訪問し、新たな商談を重ね、より沢山の珍しい楽器を日本でお取次できるよう努めたいと思います。

つきましては、4/10(水)〜15(火)は休業とし、メール対応のみとさせていただきます。時差の関係で、急な対応は出来かねますので、ご了承下さい。また、入金確認および発送は4/9(火)までとして、それ以降は4/16(水)からの対応となります。

何卒ご了承下さい。

昨年の様子
476548_392156464142408_229742506_o.jpg 462628_392187010806020_2032970572_o.jpg
458483_392156957475692_185652153_o.jpg 476179_392156780809043_304323202_o.jpg
467790_392156244142430_1604755732_o.jpg  477155_392156894142365_1152038203_o.jpg
476619_392156514142403_1917580394_o.jpg 459511_392156097475778_550159081_o.jpg
 

posted by PROJECT EUPHONIUM at 00:42 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

円安に伴う価格改定のお知らせ

安倍政権発足前後から、急激な円安状態となりました。

特に対ポンドはもともと動きが激しく、現在も大きく下落し続けています。

例)
1年前 − 1ポンド 約120円
現在 − 1ポンド 約143円
4000ポンドの楽器を購入するとなると、去年なら約480,000円でしたが、現在は約572,000円と、なんと100,000円近くも違います。

また、アメリカ、ユーロ圏経由の商品につきましても、対USドル、対ユーロで大幅に下落しております。

当方で扱う新品の商品については、基本的に在庫を置かないため、為替レートを見ながら適宜価格を改定することを余儀なくされております。

既に一部商品で価格改訂を行っておりますが、経済対策を放置するような政党が政権につかない限りは、この円安傾向はさらに加速しそうな気配です。

事前にお申し込みいただいた分につきましては、その後の金額変更はありませんので、今のうちのお申し込みを強くお勧め致します。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 23:38 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

「ユーフォニアム・テューバ・ワークショップ 2012」開催

PROJECT EUPHONIUM 主催「ユーフォニアム・テューバ・ワークショップ 2012」を開催します。

AMUSE のユーフォニアム新モデル AME-512SG, SSG, 特別仕様の AME-502ST, バリトン AMB-402SG も展示いたします。是非ご参加下さい。

公式ページ
http://www.facebook.com/events/211310842337057/

12月14日は「ウィルソン・ユーフォニアム・フェスティバル」が開催され、ウィルソンユーザーのプロ奏者による競演が繰り広げられます。そして、翌日の15日には、世界最高峰のユーフォニアム奏者、スティーヴン・ミード氏のリサイタルが開催され、ベッソンユーザーのプロ奏者との共演が予定されています。

奇しくもこの12月14日から15日にかけて、プロフェッショナルからアマテュアまで、日本全国津々浦々のユーフォニアム奏者が東京に結集することを記念し、PROJECT EUPHONIUM では、「ユーフォニアム・テューバ・ワークショップ 2012」を開催いたします。

レクチャー、アンサンブルと、参加型のイヴェントです。是非楽器をお持ちになってご参加下さい。もちろん観覧のみのご参加、中途のご参加、ユーフォニアムやテューバをやっていない方のご参加も大歓迎です。楽器の上手下手も一切問いません!

ウィルソン・フェスティバルのお帰りに、またS.ミード氏のリサイタルへ行かれる前に、是非お立ち寄り下さい。

日時:平成24年12月15日(土) 午後1時〜4時半
会場:音楽堂 ano ano
   JR山手線「大塚」駅 徒歩5分、丸ノ内線「新大塚」駅 徒歩8分
   東京都豊島区南大塚1-49-2 ハイデルムンド1F
   サンクスの隣のビルです
   http://www.music-anoano.com/
参加費:一般 2,000円
    日本ユーフォニアム・テューバ協会(JETA)会員 1,800円(要、会員証提示)
主催:PROJECT EUPHONIUM
   http://euphonium.biz/
後援:日本ユーフォニアム・テューバ協会(JETA)

【イヴェント内容】

司会・進行:岡山英一
(PROJECT EUPHONIUM 代表、日本ユーフォニアム・テューバ協会理事)

・レクチャータイム「ユーフォニアム・テューバの源流を探る」
・アンサンブルタイム「『Ball of Fire』に挑戦!」他
・古楽器や各国の珍しい楽器の展示、試奏

【チケット・お問い合わせ】

PROJECT EUPHONIUM 岡山まで
workshop2012@euphonium.biz
(携帯電話のメールでお問い合わせの方は、電話番号を明記して下さい。こちらからのメールが届かないことが多々あります。)
または、Facebookのメッセージでも承ります。
 
【レクチャータイム】

「ユーフォニアム・テューバの源流を探る」
  01.jpg
セルパン・オフィクレイドなどの古楽器から各国独自の楽器が作られていった過程を、実際に楽器をお見せして演奏しながら解説していきます。質疑応答の時間も作りたいと思います。日頃疑問だったユーフォニアムやテューバの歴史や楽器について、ああでもない、こうでもないとディスカッションできると良いと思っています。

【アンサンブルタイム】

「『Ball of Fire』に挑戦!」
  all.jpg
このイヴェントの後、S.ミード氏のリサイタルで国内の腕利きプロ奏者と共演される「Ball of Fire」をみんなで演奏します。実際に演奏した後に聴くと、感動もひとしおかも知れません。また、他にもみんなで楽しめる曲を演奏して楽しみましょう

【古楽器や各国の珍しい楽器の展示、試奏】
  410878_359633230728065_569939522_o.jpg  03-e3c65.jpg
博物館でしか見られないような古楽器や、日本ではなかなか見られない各国の楽器、そしてPROJECT EUPHONIUM がプロデュースしたユーフォニアムやバリトンを展示いたします。ニューモデルもお披露目です!
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 00:28 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

オークションで損する前にご覧下さい!

 使わなくなった楽器を手っ取り早く現金化する方法として、インターネットオークションがあります。しかし、どうも日本のオークションは値段が上がりません。

 オークションに出すものは不要品だから安くて当たり前、というリサイクル感覚が根強いのでしょう。高額な楽器程、値段が上がりません。これでは、満足のいく値段で販売することができません。

 プロフェッショナルモデルを売りたい場合や、押入れに入れっぱなしの楽器など、お急ぎでない場合は、委託販売の方が圧倒的に手取りが多くなりますので、お勧めです。オークションより数十万円手取りが多くなる場合もあります。

【手数料】
 一般の楽器店の委託販売手数料は、販売金額の30%のようです。当方は20%でお引受けしています。

【閲覧数】
 一日の訪問者は常に300人以上、閲覧数は1000件に近いです。探していらっしゃる方が、毎日のようにご覧になっているということかと思います。商品入荷直後は、待ってましたとばかりに600人を超え、ページアクセスで1000件を超えることもあります。

【人気の楽器】
 BESSON BE2051 Prestige
 BESSON BE2052 Prestige
 BESSON BE968 Sovereign
 BESSON BE967 Sovereign
 BESSON 765
 BESSON 665
 BESSON BE7065
 BESSON BE1065
 WILLSON TA2900
 YAMAHA YEP-842S
 YAMAHA YEP-642S
 YAMAHA YEP-621S
 YAMAHA YEP-321S
 io (JUPITER) EP1070S

などです。

 やはりベッソン ウィルソン ヤマハ の人気は不動のようです。また、ジュピターのイオの問合せも増えてきました。もちろんこれ以外のモデルも人気があります。イギリス製のベッソンや、B&H、サテンシルバーやロータリーの楽器など、他店にはないものも好評です。

【査定】
 押入や物置に眠っている楽器がありましたら、まずは是非当方の買取・委託販売の無料査定をご利用下さい。

 買取・委託販売については、こちらをご覧の上、ご相談下さい。都内近郊であれば、出張査定も致します。また、遠方の方は配送にて査定承ります。
http://secohan-euph.seesaa.net/article/37037641.html
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 12:41 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

お問合せ・お申込の際のお願い

毎度ご愛顧有り難うございます。

お問合せ・お申込の前には、必ず「お取引について」をご覧下さい。お取引やお支払いの方法についても記載してあります。

なお、読んでいらっしゃらないと思われる方、またお名前も連絡先も記載がない方のお問い合わせ、お申し込みには、今後ご返答いたしかねますので、ご容赦下さい。

また、携帯電話等で商品説明、画像等が見られない方は、パソコンのインターネット環境でご覧下さるよう、お願い致します。商品の説明以外にも、重要な事項(お取引の詳細、法的掲示義務事項等)を記載しております。

誠に遺憾ですが、パソコンで見られない方への個々の対応(画像や説明、当方の情報をすべて携帯電話へ送れ等)は致しかねますので、何卒ご容赦ください。

高額のお取引につき、多少厳しいことを申し上げているかとは思いますが、短文で用件だけ送りつけてこられるお問い合わせが増えており、閉口しています。どうぞよろしくお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 17:10 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする