※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

 
 
 なんと、アレキサンダーのヴァークナーテューバです。B管のテノール・ヴァークナーテューバと呼ばれているものです。

 ヴァークナーが壮大なる楽劇「指輪」のスコアに指定したテノールテューバとバステューバ。これらはヴァークナーテューバという楽器で演奏されます。ブルックナーもこの例に従った指定をしていますし、R.シュトラウスやストラヴィンスキーはテノールテューバをホルンからの持替えに指定しています。「指輪」初演までに、あちこちの工房で新しい楽器の試作がされたようで、アレキサンダーもその一つでした。アレキサンダーのヴァークナーテューバは、ドイツ国内だけではなく、1930年頃にはイギリスにも輸出されて、それまでこれらのパートを演奏していたイギリス製のコルノフォン(Cornophone)に変わって演奏されるようになったということです。

 製造年代の詳細はわかりませんが、ハンドメイドのアレキサンダーらしい風格を持っています。マウスパイプのレシーバーは通常のフレンチホルンより太く、フリューゲルホーンの細管と同じくらいです。華やかで突き抜けるような響きは、流石アレキサンダーです。

 滅多に中古の出回らない、アレキサンダーのヴァークナーテューバ、50万円を大幅に切ってご提供します。ぜひお試し下さい。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ 「Orico Webクレジット」による分割払いもご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

※ スルガ銀行「楽器購入ローン」がご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  410,000円
(定価 1,150,000円)