R26002 テノールホルン(B管) MIRAPHONE 47 4 07000 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2014年11月21日

R26002 テノールホルン(B管) MIRAPHONE 47 4 07000

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

 01.jpg

 ドイツ系のロータリー楽器では、最もお薦めできるミラフォンのテノールホルンです。ブリティッシュ系のテナーホーンはEs管ですが、これはB管です。ユーフォニアムよりやや細い管体(ブリティッシュのバリトンよりずっと太い)の楽器で、ドイツやチェコ、オーストリアの吹奏楽では、1st ユーフォニアム的な役割をします。オーケストラでも、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」で、冒頭から重要なソロを受け持ちます。

 通常は3ヴァルヴの楽器が使われてきましたが、今回ご紹介するのは4ヴァルヴで、替え指が増え、音域も拡大されています。もう少し太いドイツ式バリトンも日本では希少ですが、テノールホルンは新品ですらなかなか入手が出来ません。ましてや今回のような4ヴァルヴは、買い逃すともういつ入手出来るかわかりません。大変珍しいばかりでなく、ミラフォン独特の美しい形状、優れたレスポンスは特筆です。中古としての状態もかなり良く、持っていて損はない一台です。

 吹奏楽でドイツ系の行進曲を演奏する際は勿論、ポルカバンドやアンサンブル、そしてオーケストラでも活用出来ます。特にマーラーの「7番」や、ショスタコーヴィチの「黄金時代」、ホルストの「惑星」、R.シュトラウスの「ドンキホーテ」、レスピーギの「ローマの松」、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」などは、ユーフォニアムやドイツ式バリトンよりも適していると思います。是非ご検討下さい。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ 「Orico Webクレジット」による分割払いもご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  248,000円
(新品時価 推定800,000円)

 
【スペック】

 4ヴァルヴ
 イエローブラス・ラッカー仕上
 オプショナルニッケルマウスパイプ交換済
 スモールシャンクマウスパイプレシーバー
(トロンボーンの細管シャンクのマウスピースが使えます)

 ボア径:13.00mm
 ベル径:250mm
 ※サイズはカタログスペックで、実寸ではありません。

【付属品】

 ハードケース
 ※マウスピースは撮影用です。付属しません。

【状態】
 
 ヴァルヴ:良好
 スライド:良好
 ラッカー:95%程度残っています
 凹み等 :第4ヴァルヴの枝管に極小さいものがあります
 傷   :ベルに続く一番管の左手で握るあたりに傷があります
      他、使用に伴うものがありますが、
      まずまず綺麗な状態です。
 その他 :ベルにヘコ出し跡がありますが、大変綺麗に仕上げられています
      マウスパイプがニッケルシルバー製に交換されていますので、
      ベルや一番管に接する部分に、半田の跡があります。

【その他の画像】 防犯のため、シリアル番号にはモザイクをかけています。

 02.jpg  03.jpg
 04.jpg  05.jpg
 06.jpg  07.jpg
 08.jpg  09.jpg
 10.jpg  11.jpg

※ お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角に打ち直して下さい。コピー&ペーストでは送信できません。)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 10:30 | TrackBack(0) | ドイツ式バリトン、テノールホルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック