※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

 

 ドイツ系のロータリー楽器では、最もお薦めできるミラフォンのテノールホルンです。ブリティッシュ系のテナーホーンはEs管ですが、これはB管です。ユーフォニアムよりやや細い管体(ブリティッシュのバリトンよりずっと太い)の楽器で、ドイツやチェコ、オーストリアの吹奏楽では、1st ユーフォニアム的な役割をします。オーケストラでも、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」で、冒頭から重要なソロを受け持ちます。

 通常は3ヴァルヴの楽器が使われてきましたが、今回ご紹介するのは4ヴァルヴで、替え指が増え、音域も拡大されています。もう少し太いドイツ式バリトンも日本では希少ですが、テノールホルンは新品ですらなかなか入手が出来ません。ましてや今回のような4ヴァルヴは、買い逃すともういつ入手出来るかわかりません。大変珍しいばかりでなく、ミラフォン独特の美しい形状、優れたレスポンスは特筆です。中古としての状態もかなり良く、持っていて損はない一台です。

 吹奏楽でドイツ系の行進曲を演奏する際は勿論、ポルカバンドやアンサンブル、そしてオーケストラでも活用出来ます。特にマーラーの「7番」や、ショスタコーヴィチの「黄金時代」、ホルストの「惑星」、R.シュトラウスの「ドンキホーテ」、レスピーギの「ローマの松」、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」などは、ユーフォニアムやドイツ式バリトンよりも適していると思います。是非ご検討下さい。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

※ 「Orico Webクレジット」による分割払いもご利用になれます。詳しくはこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  248,000円
(新品時価 推定800,000円)