※ 終了しました(お買い上げ御礼!)
※ 委託販売品

 1

 F管テューバの傑作と言われる、ヤマハのYFB-621です。 プレイヤーのインスピレーションを正確に音にするレスポンスの良さと、どの音域も均一な豊かな音質と正確な音程バランスが特筆です。

 4ピストン+1ロータリーで、コンパクトな巻ですが、こぢんまりとすることなく、ソロ、アンサンブル、吹奏楽、オーケストラとアクティヴに使っていけるインストゥルメントです。

 特にオーケストラは、指揮者の要請で、元々のセルパンやオフィクレイドの音質やバランスが要求されるケースも、今後増えていくものと思われます。そういう時こそ、操作性がよくレスポンスのよい、このようなモデルがもてはやされることでしょう。なんでも大型、大音量のテューバで吹き鳴らす時代ではなくなってきたように思います。

 プロ奏者からの依頼で、状態が大変によく、また第1ヴァルヴのオプショナル抜差管が付属(リング付きで演奏時に操作しやすい)、第2ヴァルヴの抜差管にウォーターキイが増設されています。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

お取次特別価格  428,000円
(定価 787,371円+オプション改造費 約30,000円 合計817,371円)