EP25009 ユーフォニアム YAMAHA YEP-842GP 特注品 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2014年07月01日

EP25009 ユーフォニアム YAMAHA YEP-842GP 特注品

※ 委託販売品

 01.jpg  02.jpg

 外囿祥一郎氏ら、トッププレーヤーが製作に携わったヤマハのカスタムランクユーフォニアム、YEP-842です。既に国内のプロ奏者はもとより、海外のプロ奏者にも愛用されている名器ですが、今回ご紹介するのは、なんと特注のゴールドプレート仕上げです。

 メッキ処理の規模の問題で、ヤマハでは製品化を見送ったというゴールドプレート仕上。依頼者はプロ奏者の方ですが、色々手を使って特注にこぎつけたとのことです。勿論、メッキペンなどによる簡易メッキではなく、メッキ槽を使って施されたものです。

 さらに、第1ピストンの抜差管にトリガーが着けられており、上ずりやすい高音域や低音域での音程調整が容易になります(左手親指で操作します)。もともと音程のバランスは良かったそうですが、現場での色々な場面を想定して、取り付けたとのことです。

 音色ですが、通常のブライトシルバー&ゴールドプレートの YEP-842S の豊かで太い響きに、全面ゴールドプレートによる繊細な響きが加わっているように思います。音抜けも大変良いです。

 ゴールドプレートのYEP-842、しかも第1ピストンの抜差管にトリガーが着いているという、おそらく世界に一台のレア中のレアモデル。多額の費用もかかっています(ゴールドプレートに600,000円、トリガーに100,000円)が、依頼者様のご厚意で、なんと通常のYEP-842Sの新品よりもお安くご提供いたします。二度と出てこないモデルです。どうぞお見逃しなく!

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

お取次特別価格  728,000円
(定価819,000円+ゴールドプレート600,000円+トリガー100,000円 合計1,519,000円)

 
【スペック】

 4ヴァルヴ・コンペンセイティング
 特注ゴールドプレート仕上
 特注第1ピストン抜差管トリガー
 ボア:15.00/16.80mm
 ベル:300mm
 ※サイズはカタログスペックで、実寸ではありません。

【付属品】

 ハードケース
 ※マウスピースは撮影用です。付属しません。

【状態】
 
 ピストン:良好
 スライド:良好
 メッキ :若干のムラがあります。
      二番管や第3ヴァルヴの抜差管外管あたりが若干薄くなっています。
      画像はやや強調されていますが、肉眼でははっきりわからない程度です。
      よく見ますと、針の先で突いたぐらいの茶色い点々が見られます。
      (右手サムレストパイプ付近など)
      とは言うものの、総じて綺麗です。
 凹み等 :見当たりません。
 傷   :使用に伴うものが若干あります。
 その他 :トリガーの動きもスムーズです。

【その他の画像】 防犯のため、シリアル番号にはモザイクをかけています。

 03.jpg  04.jpg
 05.jpg  06.jpg
 07.jpg  08.jpg

※ お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角に打ち直して下さい。コピー&ペーストでは送信できません。)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 16:21 | TrackBack(0) | ユーフォニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック