AL25003 E♭アルトホルン Markneukirchen 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2013年07月02日

AL25003 E♭アルトホルン Markneukirchen

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)
※ ユーフォニアム・トロンボーンのマウスピースで演奏できます!

  01.jpg

 ドイツ、オーストリア、チェコ、ロシアなどで使われたアルトホルンです。ブリティッシュ系のテナーホーン(in Es)よりも管が太く、音色も安定した感じです。

 ドイツ系のアルトホルンには、ブリティッシュ系のテナーホーン(in Es)と同じシャンクのものと、ドイツ系のテノールホルン(in B)のものとがあるようで、今回ご紹介のものはテノールホルン系のものです。JKなどのテノールホルン用のマウスピースのシャンクが一番しっくりきますが、トロンボーンの細管用や、ドイツ式バリトンやドイツ式トロンボーン用の中細管も使えなくはありません。

 ロシアの吹奏楽曲(ミャスコフスキーやコジェフニコフなど)、金管アンサンブル(エヴァルトやマウラーなど)にも、この楽器が想定されていたと考えられる作品が多くあります。また、ヒンデミットの「アルトホルンのためのソナタ」も、この楽器を想定していた可能性があります。

 使いようによっては、面白い効果を発揮する楽器です。トロンボーンやユーフォニアムの奏者が持ち替えて、アルトトロンボーンのように使って、色々に楽しめるかと思います(C.リンドベルイのレパートリーに挑戦してみるとか)。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

お取次特別価格  69,800円
(定価 日本未入荷につき時価)

 
【スペック】

 3ロータリーヴァルヴ
 イエローブラス・ラッカー仕上

【付属品】

 ハードケース
 ※マウスピースは撮影用です。付属しませんが、別途ご手配可能です

【状態】
 
 ロータリー:良好
 スライド :良好
 ラッカー :ほぼ残っています
 凹み等  :小豆粒程度のものがあります(画像参照)
 傷    :使用に伴うものがあります。
 修理痕  :ベルにヘコ出し痕がうっすらとあります。
       マウスパイプにプロテクターが施されています。
       いずれも大変丁寧な修理で、
       ちょっと見ただけではわかりません。

【その他の画像】

 05.jpg 03.jpg
 06.jpg 04.jpg
 02.jpg 07.jpg
 08.jpg

※お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角に打ち直して下さい。コピー&ペーストでは送信できません。)にてお願いします。
 

posted by PROJECT EUPHONIUM at 03:32 | TrackBack(0) | Ebアルトホルン、テナーホーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック