※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

    

 フランスの老舗楽器メーカー、ケノン製のサクソルンバス、最高級モデルの称号「MONOPOLE CONSERVATOIRES」です。6本のピストンを装備したC管のモデルで、フランスではオーケストラのテューバとして使われました。そのため、日本を含めた諸外国では、フレンチテューバとも呼ばれています。もちろん現在は製造されていません。大変貴重な中古です。

 ユーフォニアムより一音高い調性と、6本のビストンによる長い管を装備することにより、広い音域を網羅しています。長い管による低音域は、バストロンボーンのような硬質の響となり、高音域はユーフォニアムよりもきらびやかな繊細な響きとなります。

 ストラヴィンスキー、ラヴェル、プーランクが、テューバのパートに高音域を求めたのも、こうした楽器が使われてきたからです。特にムソルグスキー作曲ラヴェル編の組曲「展覧会の絵」の「ビドロ」のソロは、現在はユーフォニアムやF管のテューバで演奏されますが、元々はこの楽器で演奏されることが想定されていたと考えて良いでしょう。

 シリアルナンバーからすると、1970年前後に製造されたようです。ピストンの動きも良く、鳴りも中々です。当方の提携工房で調整、フェルト交換等をしていますので、すぐに使えます。

 第3ヴァルヴの枝管は、他の楽器よりも半音低く作られています。このモデルもそうですが、繋ぎの管を抜き去ることにより、通常の管の長さで演奏することも可能です。口径のやや大きい(ただし深すぎない)マウスピースを使ってみましたら、ピッチのバランスが良かったです(コルトワのT3が最適です)。

 フランスもののオーケストラ作品だけではなく、金管アンサンブルや、「Tuba」の指定があるフランスのソロ曲で活用できることと思います。是非この楽器の音色を実感して頂きたいと思い、ユーフォニアムの中古程度の価格でご提供です! 貴重な一台を、是非お手元に。

 参考DVD(フレンチテューバが使用されている演奏です)
http://www.euphstudy.com/tsurszure/frenchtuba/frenchtuba02.html

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

お取次特別価格 368,000円
(参考価格:1985年当時のコルトワ製 1,240,000円)