EP23008 ユーフォニアム BOOSEY & HAWKES 7672 IMPERIAL BESSON 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2011年05月07日

EP23008 ユーフォニアム BOOSEY & HAWKES 7672 IMPERIAL BESSON

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

  01.jpg  02.jpg

 ブージー&ホークスとベッソンが別ブランドで楽器を販売していた当時のモデルです。基本的な構造は同一ですが、ロゴとピストンキャップの形状が互いに異なります。B&Hインペリアルは、やがてベッソンBE968ソヴェリンとなります。

 前の持ち主は、イギリスのブラスバンドで演奏してきた方で、ヨーロピアンチャンピオンシップ出場の経歴の持ち主です。長年使ってきたモデルのようで、凹みや修理痕が見られます。またマウスパイプのレシーバーをヘビータイプに改造(音がまとまる感じがしました)されています。

 状態を考えまして、格安でご提供いたします。ご理解いただける方のみ、お申し込みくださるよう、お願いいたします。

※ 通常のマウスパイプレシーバーに交換しての納品もできます(要実費3万円程度)。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

スプリングセール特価 228,000円
(現行BE968の定価 892,500円)


※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。
 
【スペック】

 4ヴァルヴ・コンペンセイティング
 ブライトシルバー仕上
 ラージシャンクレシーバー(太管レシーバー)仕様
 ボア:14.72mm
 ベル:284.00mm
 ※サイズはカタログスペックで、実寸ではありません。
 ※サイズはカタログスペックで、実寸ではありません。

【付属品】

 ソフトケース(日本製、色は黒、中古です)
 ※マウスピースは撮影用です。付属しませんが、別途ご手配可能です

【状態】
 
 ピストン:良好
 スライド:第3ヴァルヴのスライドが硬めです。
 メッキ :ほぼ残っていますが、所々ハガレやスレがあります。
 凹み等 :U字管にやや大きく浅いものがあります。
      第3ヴァルヴの抜差管のU字部分の内側が少し平らになっています。
      あちこちにありますが、いずれも浅いものです。
      画像をご覧下さい。
 傷   :使用に伴う傷やスレがあります。

 修理痕 :・マウスタイプがヘビータイプに交換されています。
      ・第1ヴァルヴの枝管を外した痕があります。
      ・U字管、2番管およびそれらの支柱を外した痕があります。
      ・ベルのヘコ出し修理痕があります。
      ・ほか、あちこちにヘコ出しの修理痕があります。
      ・第3ピストン内部のトンネル部分に錆によるピンホールが
      出来ています。該当部分をラッカーコーティングしていますので、
      現在息漏れはなく、ちゃんといい音がしています。
      コーティングが剥離したら、透明のラッカー塗料や、
      マニキュアを塗布することで、簡単に対応できます。
      また、薄い真鍮板を貼り付けるなどの本格的な修理も可能です。

 その他 :年季が入っていますが、音色はまさにオールドベッソン・B&Hです。
      状態をご理解いただける方のみ、お申し込みください。
      マウスパイプレシーバーの交換、ご希望箇所を修理した上での
      納品も可能です。お問い合わせください。

【その他の画像】

 03.jpg  04.jpg
 05.jpg  06.jpg
 07.jpg

※お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角で)にてお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 03:25 | TrackBack(0) | ユーフォニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック