R22005 ドイツ式バリトン AMATI (CEP-531) 5 valves 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2011年03月02日

R22005 ドイツ式バリトン AMATI (CEP-531) 5 valves

※ 終了しました(お買い上げ御礼!)

  01.jpg

 大変珍しい、5ヴァルヴのドイツ式バリトンです。チェコのアマティー製です。
 
 アマティの第5ヴァルヴは半音より若干高い程度に下げる役割のものが用意されていますが、今回ご紹介のものは特注製作で、第1ヴァルヴよりも若干低い音程に設定されています。これにより、第1ヴァルヴで上ずりやすい音程を、第5ヴァルヴで演奏したり、「英雄の生涯」などでテノールテューバとして使う場合に、ペダルトーンの音程を安定させたりすることが可能になります。

 ドイツ式バリトンらしく、明快な響きですが、合奏にもよくなじむ感じがします。 ドイツの行進曲のオブリガートなどは、ユーフォニアムで演奏するよりも一層鮮やかな感じがします。また、オーケストラのテナーテューバ(5ヴァルヴなので低音域にも強い)として、また金管アンサンブルにも活用できるモデルです。

 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団来日時に、ムソルグスキー(ラヴェル編)「展覧会の絵」のヴィドロのソロ、そしてヴァークナーの「ヴァルキューレの騎行」が、このアマティー(もしくはOEM生産品)で演奏されていました。

 在京某プロユーフォニアム奏者にも試奏していただきましたが、これは面白い、と興味深そうでした。

※ こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込下さい。

※ クレジットカード決済もご利用になれます。「カード+現金」もご相談に乗ります。この場合、決済手数料はカード決済金額分のみです。お問い合わせお待ちしております。クレジット決済ご希望の際は、必ずこちらをご覧下さい。

スプリングセール特価  148,000円
(定価 国内未発売のため時価)

 
【スペック】

 5ロータリーヴァルヴ(左1、右4)
 イエローブラス、ラッカー仕上
 ベル:260mm
 ボア:15.00mm

 フローティング・マウスパイプ
 中細〜ラージマウスパイプレシーバーシャンク
 (中細シャンクのマウスピースですと、かなり奥まで入ります。ラージシャンクですと、
 中程まで入ります。)

 ※サイズはカタログスペックで、実寸ではありません。

【付属品】

 なし
 新品セミハードケース

 ※マウスピースは撮影用です。付属しません。細管シャンクマウスピースが使えるようになるアダプター、中細シャンクマウスピース、ソフトケース、ハードケース等、別途割引価格で手配可能です。

【状態】
 
 ロータリー:良好。第5ロータリーが少し重いです。
 スライド :良好
 ラッカー :大きなハガレはありません。
 凹み等  :ベルや1番管に小さいものがあります(画像参照)。
       ベルの胴部分が、やや楕円になっています。
       見た目ではわからず、触ってようやく判る程度です。
 傷    :ベルと1番管の繋ぎあたりに少しあります(画像参照)。
       他、使用に伴うものがあります。

 その他  :アマティー(チェルヴェニー)については、廉価楽器のイメージをもつ人も多いですが、それは共産主義国家時代の話で、民主化後は西側の技術も入り、日本でも有名なヨーロッパのメーカーのOEM生産も手がけ、往年の定番モデルに加え、新しいモデルも次々と開発しており、ヨーロッパでは最も注目すべきメーカーとなりました。
 
【その他の画像】

 02.jpg  03.jpg
 04.jpg  05.jpg
 06.jpg  07.jpg
 08.jpg  09.jpg

※お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角で)にてお願いします。



posted by PROJECT EUPHONIUM at 00:17 | TrackBack(0) | ドイツ式バリトン、テノールホルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック