夢の楽器を探して 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2010年06月28日

夢の楽器を探して

 たまにはコラムでも書いてみます。

 以前に「当然アフターサービスもあるんですよね」と、お問合せを頂いたことがありました。「いいえ、当方ではアフターサービスはございません。その分お安くご提供しております」と申しましたら、「信じられない!」と驚かれてしまいました。

 「余所ではどうだこうだ」とか「楽器屋なら当然こうあるべきだ」というご意見をいただきますと、「不安でしたら、どうぞ安心できる他店様でお買い求め下さい」と素直に申し上げることができます。

 別に嫌味でもなんでもなく、当方が一般の楽器店とは、はっきりと目的を異にしているというだけのことなのです。

 当方の目的は、「誰にでも安心して使える楽器をご提供する」のではなく、「誰でも安心して使えるとは限らないが、誰かが熱烈にあこがれている『夢の楽器』を安くご提供する」ことです。

 例えば、楽器やクラシックの世界が発展して欲しいとか、楽器屋は社会的に貢献する義務と責任があるなどという大それたことは、正直な話、これっぽっちも考えていませんし、そんなことを悠長に考える暇もありません。

 そんな大げさな話はともかく、当方では、プロの先生もアマテュアの学生も、同じく「早い者勝ち」とさせていただいております。例えばプロの先生の依頼だから特別に商品をお取置きするとか、お取り寄せするとかいうようなことはありません。「何が何でもこれが欲しい!」という思いでお申込下さるお客様に、プロもアマテュアもないと思っているからです。私は、むしろそういったことにこそ、義務と責任があるのではないかと思っています。

 ですので、当方は、「楽器屋はこうでなけれはならない」という路線からは、大いに逸脱しているかもしれません。

 しかし、この存在を否定する方がもしいるとするなら、是非お訊きしたいのですが、それなら他店で手に入らない『夢の楽器』はどうやって安く手に入れたらよいのでしょうか? 正論を唱える方が安く都合して下さるのですか? それとも、なんのかんの言って夢を諦めさせようとすることしかできないのですか?

 毎日ひたすら『夢の楽器』を探し続けております。求めている方がいらっしゃる限り、探す元気が出てきます。「ずっと探していたんですよ」などと言われると、本当に苦労が報われる心地がします。
 
 今後も細々ながらやって行きますので、どうぞよろしくお願いします。
 
posted by PROJECT EUPHONIUM at 21:02 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック