AMUSE バリトン AMBR001 中古金管楽器通販 PROJECT EUPHONIUM

    ※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。
    ※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。なお、ezweb.ne.jp へは、メールが配信されないことが判明していますので、メールをいただいてもお返事いたしかねます。
    ※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2010年10月06日

AMUSE バリトン AMBR001

※ 完売御礼!(再入荷予定はありません)
※ 日本への経済制裁のため、中国は日本向け輸出品の100%検品を義務づけました。今後製品の着荷が大幅に遅れることが予想されるため、新規の発注を停止し、在庫のみの販売といたします。ご了承下さい

  00.jpg

「遊び心をくすぐり、低価格で楽しく使える」当方のオリジナルブランド、AMUSE のバリトンです。

 中国の楽器に手を入れて販売している業者の楽器も、確かに性能としてはよいかもしれませんが、ユーフォニアムを専門に吹いている人が「欲しくなる」楽器とは限りません。

 実際、ある工場の楽器はとても精度が上がってきていて、日本の業者や海外の老舗メーカーなどでも取り扱いがあるのですが、当方では一切発注していません。なぜなら形が「格好悪い」ことこの上ないからです。精度がよくても、格好悪い楽器は使いたくないですし、薦めたくもないというのが、同じ楽器吹きとしての心情です。

 この辺がわからず、やたらと精度やら手の込んだ調整やらアフターフォローばかり誇示している業者がもしあるとすれば、「手先は器用だが、センスがない」と言われても仕方がないものです。プライドばかり高い職人によくあるパターンです。
 
 さて、そんなことを思い描きながら、中国の国際楽器展示会に赴きました。ユーフォニアム奏者が欲しくなる楽器を探しに行ったのです。なければないで、手ぶらで帰るつもりでした。実におびただしい数のバリトン、ユーフォニアムを試奏しまくりましたところ、このバリトンのプロトタイプは、響きもレスポンスもピッチも、そしてスタイルも良く、他社とは群を抜いていました。

 これは使える!と思い、帰国後、当方独自の仕様で製作させ販売する運びとなりました。しかも、他社にはない第4ヴァルヴ装備、特注のサテンシルバー仕上げという、他に例を見ないモデルです。

 早速出来上がったものを、ある在京プロユーフォニアム奏者に試奏してもらいました。楽器を出すあたりまでは「ニヤニヤ」していたのですが、吹いてすぐ、目を丸くして仰いました。「買います。仕事で使います」と。「思ったりよりいいですね」「なかなかですね」ではありません。「買います。仕事で使います」です。心の中でガッツポーズです(笑)。

 その後、ご購入に当たって試奏した方々の感想は、こんな感じです。

・見た目がとてもきれいで自慢できる
・ちゃんとバリトンの音がして、鳴りもピッチも問題ない
・自分のヤマハYBH-621Sよりもレスポンスがよい
・これからバリトンを始めたいという仲間にも紹介したい
・手軽に遊ぶのはもちろん、ちゃんと使えそうだ

 学校や一般の吹奏楽団、アンサンブルなどにもそこそこ使える楽器かと思います。合同演奏のときなど、目立つこと間違いありません。
 
 01.jpg  02.jpg
 03.jpg

【スペック】

 4ヴァルヴ・ノンコンペンセイティング
 サテンシルバー仕上げ
 スモールシャンクマウスパイプレシーバー
(スモールシャンクのマウスピースが使用できます)

【付属品】
 ハードケース、マウスピース

【製造国】
 中華人民共和国

【ご注文の際は、以下の点をご了承下さい】

※ デリケートなサテンシルバー仕上げですので、新品とは言え、部分的に変色していたり、微細な傷が見られる場合があります。

※ 不具合箇所は、当方で調整してから出荷いたしますが、ある程度自分で調整できる方向けです。

※ 中国製ですので、やや造りや加工が甘い場合があります。

※ 入荷ロットによって、予告なくパーツや仕様、付属品の形状などが異なる場合があります。

※ こちらの商品は、在庫がなくなりますとご予約の上で受注生産となります。納期等は、お問合せ下さい。再入荷予定はありません。

在庫ラストプライス  89,000円

 
※お申込、お問合せは、メール
secohan@euphonium.biz(すべて半角で)にてお願いします。
 
ラベル:バリトン baritone
posted by PROJECT EUPHONIUM at 06:33 | TrackBack(0) | バリトン(サクソルン式) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック