※ 終了しました

    

 ユーフォニアムで最も人気のあるモデルの一つ、ウィルソンのTA2900です。

 今回ご紹介のモデルは、ブライトシルバーモデルで、マウスパイプのレシーバーが、稀少な中細シャンクです。DEGのブライアン・ボーマンモデルのマウスピースと、とても相性がよいです。また、U字管や2番管の補強板を細くし、鳴りを遮らないように工夫されており、ベルの広がり方や、全体のレイアウトが、B.ボーマン氏のオリジナルモデル(量産される前のモデル)によく似ています。

 ウィルソンのTA2900の中細シャンクモデルは、日本では齋藤充さんや庄司恵子さんが使っています。アメリカでは、B.ボーマン氏、R.ベーレンド氏など、殆どのウィルソンプレーヤーが中細シャンクモデルを使っているそうです。中細シャンクのマウスピースは、DEGの他、シルキーやペランテュッチ、デニス・ウィック、ティルツ、JKなどが入手可能です。

 しばらく私自身が使っていましたが、大変コントロールしやすく、素直によく鳴るモデルでした。ウィルソンらしい、芯がありよく響く音色は特筆です。また中細シャンクは、とてもバランスがよく、アグレッシヴな演奏に向いているということに気づきました。

 個人的にベッソン系の音色が好み(私の周りからもそれを望まれている)ということに気づき、手放すことにした次第ですが、余裕があれば、本当は置いておきたいところです。

※こちらは在庫商品です。「お取引について」をご覧の上、お申込下さい。

お取次価格 428,000円
(定価 1,039,500円)